【中国で手作りクッキー】淘宝での購入方法/材料と作り方/ラッピングについて詳しくご紹介!

中国生活
えむむん
えむむん

私は料理が趣味で中国に来てから自分で好きな物を作れるよう日々研究しています♪今回は、中国で美味しいクッキーを作ってみたので、材料、作り方、ラッピングなどをご紹介いたします!とても簡単且つ手間を最小限にしたクッキーなので、海外生活で忙しいけれど手作りの新鮮なクッキーを食べたいという方におすすめです!エアーフライヤーを使って作るのも見どころです。(オーブンでも作れます!)

中国で買うクッキーの材料

使用した材料

使った材料は写真にあるものたちです。


写真にのってるもの以外に、まな板、クッキングシートも使用します。
※「✖️」は使うと思って用意したのですが結局使わなかった物です。

材料
・★薄力粉
・★白砂糖
・★バター
・★たまご
・★クッキングスケール
・★ビニール袋
・ココアパウダー
・アールグレイ茶葉
・包装袋

「★」は、必須のものになります。クッキーに味をつける必要がないという方は、ココアパウダーとアールグレイ茶葉の用意はしなくても作れるのと、ラッピング不要という方は包装袋は用意しなくても大丈夫です。

材料の購入場所

基本的にはネットショッピングの淘宝で買えますが、私がどのように今回材料を用意したのかご紹介したいと思います。
※ラッピングについては後ほど紹介するので省略します。

バター(黄油)


商品名:LURPAK 进口咸味黄油
私はサムズクラブ(山姆会员商店)で買いましたが、家の近くのスーパーでも同じバターを見かけました。値段の違いにはびっくりで、サムズの方が大きくて安いです。

値段
サムズクラブ:33.5元(約600円) 500g
近所のスーパー:48元(約850円) 200g
※2022年2月レートで計算

クッキー作りには無塩のバターが良いのですが普通の塩分入りのバターを買ってしまい、「どうしよう。。。」と焦ってしまいました。ですが、調べてみたらクッキー作りならば無塩バターでなくても良いそうです。なので気にせず写真のバターを使いました!w

商品名:LURPAK 进口淡味黄油
後から気づいたのですが、塩分少なめのバター(赤色のパッケージ)も見つけたので次回はこちらを買って作ってみようと思っています。

薄力粉(低筋面粉)


商品名:展艺 蛋糕小麦粉

ケーキ用の薄力粉と書いてありますが、この薄力粉でクッキーを作りました。以前、たこ焼きとお好み焼きを作りたくスーパーに薄力粉を買いに行った際にこれしかなく、試してみたら普通の薄力粉だったのと味も好きなのでこれでクッキーを作ってみました。今回購入する際は、近所のスーパーに薄力粉がなくなってしまったので淘宝で買いました。

値段
淘宝:6.5元(約120円) 500g
※2022年2月レートで計算
白砂糖(白砂糖)

商品名:田趣优级白砂糖

白砂糖は特にこだわりはなく、スーパーに売っていたもので良さそうなものを選びました。この袋は封を閉じるキャップがついているので便利です。私はクッキーの周りに砂糖を付けたかったので粗めの白砂糖にしましたが、生地を作る際に使う砂糖は、溶けやす上白糖の方が便利だと思いました。

値段
近所のスーパー:6.5元(約120円) 450g
※2022年2月レートで計算
キッチン用品(厨房用具)

商品名:クッキングスケール(厨房秤)
私は日本から持ってきたものを使いましたが、淘宝でも買えます。とても安いので現地で調達してもよかったなぁと思いました。

値段
淘宝:14元前後(約250円前後)
※2022年2月レートで計算

商品名:ビニール袋(保鲜袋)

ビニール袋も日本から持ってきた物を使いましたが、クッキングスケール同様に淘宝でも買えます。そろそろ持ってきた物がなくなりそうなので、近々買おうと思っています。

値段
淘宝:11元前後(約200円前後)
※2022年2月レートで計算

簡単クッキーの作り方

タイトルに書いた通りご紹介するクッキーはとても簡単です♪そして簡単なだけでなく洗い物を省く為の工夫もしています。なので、洗い物の事を考えずに手作りクッキーが作れちゃうのがポイントです!

レシピ

◆生地
薄力粉:80g ※ココアパウダーを入れる場合は75g
白砂糖:30g
バター:50g
たまご:黄身1つ

◆味付け
ココアパウダー:5g
アールグレイ茶葉:1パック

ステップ1:生地作り


ビニール袋に「黄身1つ」「バター」「白砂糖」を入れます。そして、全部が馴染むまでしっかり揉みます。

その後に、「薄力粉」「ココアパウダーorアールグレイ茶葉」を追加し、同じように全部が馴染むまでしっかり揉みます。
※味をつけない場合、入れるものは「薄力粉」のみです。
どんどん固まってくるとまるで粘土お遊びをしているかのような感覚で楽しいです♪

ステップ2:生地を成形


袋に入れた材料が固まってきたらこのように平らにし、冷蔵庫で30分放置します。
※クッキーの型を使う場合はこの形で冷蔵庫に冷やします。

ボウルやヘラを使わないので洗い物が減ることと、まな板の上でこねたりしないので机やまな板に粉が飛んで片付けが大変という事を避けられます!また、手が触れることがないのでとても衛生的!


丸いクッキーを作る場合は、まな板の上に生地を出して写真のような形にします。

形が作れたら、ラップで包み同じように冷蔵庫で30分放置します。

ステップ3:クッキーの形にする


冷蔵庫から出すと生地が固くなっているのでまな板の上に出し、包丁で好きな厚さに切っていきます。

縁に白砂糖を付けるとより甘くなって美味しいのでオススメですが、カロリーが高くなります。。。

焼く前の写真を撮り忘れてしまい焼いた後の写真になりますが、クッキーの型を使ったクッキーはこんな感じです。作り方は、平らにした生地をまな板の上に出して、その上にクッキーの型を押して形を作っていきます。ちなみに、今回私が使った物は淘宝で買った物です。淘宝で調べるといろんなクッキーの型が出てくるので興味がある方は見てみてください♪

淘宝検索単語:饼干模具(クッキーの型)

ステップ4:焼く

クッキーはオーブンで作るのが基本的ですが、今回は中国で購入したエアーフライヤーを使って焼きました。
私が使った物はこちらです。

商品名:空气炸锅(小熊)
とても便利で生活の中で欠かせないものとなりました。クッキー以外にも色々な料理が作れて便利なので、また別の記事でまとめようと思います。


①写真のようにクッキングシートの上にのせます。
写真を見てお分かりの通り、エアーフライヤーだと1度に焼ける枚数がすごく少ないです。。。間隔を狭くしたらもう少し焼けるかもしれませんが、私はくっつかないよう少なめにしました。

②その後に、付属の網を被せます。この作業がとても重要です!

↑被せないで焼くと、風でクッキーが動いてしまい、写真のようになってしまいます。
③セットが完了したら、180度で15分焼きます。
エアーフラヤーだと中身が見えないのもあるので、私は10経ったくらいで1度開けて確認します。もし、まだ焼く必要があると思ったら焼き時間を伸ばし、もし既に焼けているようであれば少しだけ焼くなど調整をします。

ステップ5:完成


↑丸いクッキー

↑クッキーの型を使ったクッキー

丸いクッキーの方は初めて作ったこともあり形がうまくできなかったのと薄めにしてしまったので、2回目はクッキーの型を使い厚めにしました。見た目は厚い方が良いですが、個人的には薄い方が特にサクサク感があり美味しいと感じました。

ラッピングについて

クッキーを作った時期が春節だったのもあり、せっかくなので春節仕様のラッピングをしてみようと思い春節デザインの物を購入し包装してみました。新年の挨拶の言葉や縁起が良い言葉がプリントされており、とても中国っぽくて気に入ったラッピングです♪おしゃれな袋を使うだけで一気に見た目が良くなるので、どのようにして包装をしたのか、どこで買えるのか、どんなラッピングがあるのかご紹介いたします。

ラッピングのやり方

ステップ1:クッキー/袋を用意


冷ましたクッキーとラッピング袋を準備します。クッキーを熱いまま入れてしまうと悪くなるのが早くなってしまうのと、袋に水滴がついてしまうので必ず冷まして完全に熱がない状態になってから袋の中にクッキーを入れます。この作業の際に私は、お箸もしくはビニール手袋を使ってクッキーを入れるようにしています。(クッキーに触れないようにするため)

ステップ2:アイロンを温める

専用アイロン:温度調整不要 30秒
ヘアーアイロン:130度 5秒

袋にクッキーを入れたら、写真の物「ラッピング専用アイロン(封口机)」を使い開いている部分を閉じる作業を行います。私はヘアーアイロンを持っていたので、専用アイロンを使わずにヘアーアイロンでを使いました。専用アイロンだと恐らく温度の設定はいらないかと思いますが、ヘアーアイロンの場合は130度 5秒です。(120度だと弱かったので130度がちょうど良いと感じました。またあまり長い時間挟みすぎると袋が溶けてしまうので要注意。)

ステップ3:封を閉じる


挟み方は写真のようにして行います。私が使用したヘアーアイロンでも閉じることはできますが、やはり専用のアイロンの方が綺麗に閉じることができます。理由としては、アイロン部分がギザギザ(写真左の図のように)になっているからです。なので、こだわりたい方は専用アイロンを購入することをおすすめします。

淘宝検索単語:封口机(ヒートシーラー)

ステップ4:完成

ラッピングの袋に入れて閉じた物がこちらになります。1つ1つ袋に入れられて空気にも触れないのでサクサク感を持続させることができ、数日たった後に食べても焼いた日のサクサク感がありました。なので、私は自分で食べる用もこのように包装して保管しています。

ラッピングの購入方法

上記で既にお伝えしたなんでも売っている淘宝で購入しました。私が今回購入したラッピングは春節使用なので「春节 饼干包装」と検索しましたが、普通のラッピングも売っています。色々売っていて値段も安いので気になる方は見てみてください〜!

値段
淘宝:5元前後(約90円前後) 100枚入り
※2022年2月レートで計算
淘宝検索単語:饼干包装袋(クッキ用ラッピング袋)

ラッピングの種類

クッキーを入れる包装袋


写真のラッピングは春節仕様のものになります。日本にはないデザインでとても可愛いくて、お菓子作りが楽しくなる見た目です♪写真以外のデザインで、その年の干支のデザインなどもあります。

クッキーを入れる箱

1枚目の写真は、私が購入したものになります。紐がついていてバックのような形になるのでとてもおしゃれです。色々な形のものが売っていて、2枚目のような箱もあれば、布でできた巾着のようなものまであります。来年は今年購入したものと違った物を購入してみたいと思っています♪今回ご紹介したデザイン以外のものを見たい方は淘宝で見てみてください〜!

淘宝検索単語:饼干包装盒(クッキー用ラッピングケース)
えむむん
えむむん

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。Instagramには、今回ご紹介した内容をシンプルにしたものがあり、保存ができるのでよかったらチェックしてみてください。手作りのクッキーは自分で甘さを調整できることや、添加剤が入っていないのもあり体にとってもすごく良いので、海外生活の気分転換にでも作っていただけたらと思います。それでは、次回の投稿をお楽しみに〜♪

タイトルとURLをコピーしました